PowerPointでかっこ良いプレゼンをするための5つのポイント

みなさん、こんにちは。マツ先生です。


もうすでに開講しておりますが、ハロー!パソコン教室のPowerPoint2010講座で講師を担当させて頂きました。


この講座では、PowerPointの基本的な使い方はもちろん、「プレゼンテーションをする上で基本となる心構え」みたいなのも、講座内でお話しさせて頂いております。



今回は講座では詳しく触れなかった

「PowerPointでもっとかっこ良くプレゼンをするための5つのポイント」


をお伝えしたいと思います。


PowerPoint2010講座を受講された方は必見です!



1:リハーサル、準備は入念に!


プレゼンはスライドを作って終わりではありません。プレゼンを成功させるためには、実際に声に出して「練習」をしましょう。

その際、PowerPointを表示・操作するためのパソコンは念入りにチェックしておきましょう。プロジェクターの繋ぎ方なども重要ですよ!



2:本番で使うパソコンはできるだけ自分のパソコンを!


会場などによってはパソコンの持ち込み不可の場合もありますが、できるだけ、使い慣れたパソコンでプレゼンに挑みたい所です。その際、パソコンは本番前に以下のことに注意してチェックをしておきましょう。


「プレゼンで必要なソフト以外は起動しない」(パソコンの動作が重くなるのを防ぐため)

「アップデートや更新は事前にしておく」(プレゼン本番などに更新が始まるのを防ぐ)



3:スライドはシンプルに!


PowerPointは多機能なので、色々なことができてしまいます。それ故、作り込みすぎるとゴテゴテとした、見にくいスライドになってしまいます。スライドを効果的に見せるためにも極力シンプルなスライドを作るようにしましょう。

スライドをシンプルに作るために以下の3点に注意しましょう

「文字は極力減らす」

「アニメーションは『ここぞ!』という時に使う」

「写真や図を多めに盛り込む」



4:アメリカ人のように話す!

日本人は基本的にプレゼンが苦手な方が多いようです。それは言語的な特徴や文化的なものが背景にあるので、仕方のないことかもしれません。。。

しかし、ビジネスの現場ではそうは言ってられません。自分の話し方が「なんか回りくどいなぁ」とか「なんかダラダラしているなぁ。」と感じたら、アメリカ人のような話し方をしてみましょう。

ポイントは3点です。

「ハッキリとモノを言う」

「オーバーアクションをする」

「『とても』『スゴイ』などの表現を使う」



5:格好を付けず、自分の言葉で話す!

いよいよ、プレゼンの本番になりました。どうしても緊張すると思います。何故緊張するのか?
それは「格好付けようとするから」です。つまり「上手く話そうとするから」です。

プレゼンは相手に話しを伝えることが目的です。うまく話すのが目的ではありません。
あなたの「ありのまま」を見せて、話せば良いのです。




【最後に】

プレゼンは決して難しいことではありません。楽しくしましょう。

自分が楽しくなければ、相手にも伝わりません!「なによりも自分が楽しむんだ!」という気持ちでプレゼンをすれば、きっと良いプレゼンになりますよ!




今回はここまで!!


では〜〜〜。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック