iOS11にしたら、勝手に画面が暗くなる?!

みなさん、こんにちは。

マツ先生です。

 

 

今回のブログ記事は、ちょっと僕が困ったことがあったので、自分のメモとしても書いておきます。

 

 

本日(2017/09/20)、iPhone・iPadの新しいOSである「iOS11」が公開されました。

 

iOS11の新機能などについては、今回は詳しく触れません(笑)

詳しくはAppleの公式ページをご覧ください。

 

 

iOSの新機能のご紹介などは、また追々。。。

 

(注意!)

iOSをアップデートされる際は、必ずバックアップを取ってから実行するようにしてくださいね!!

アップデート失敗などにより、データが損失する場合があります。

事故に備えて、バックアップを取ってからアップデートするようにしましょう。

 

 

 

で、ここからが、本題。

(ここからはiOS11にアップデートしてから、僕が困ったことと、その対処方法です。iOS11にしていない方は下記の内容は関係ありません。)

 

 

<アップデート後に、勝手に画面の明るさが変わる!?!>

 

アップデート後に早速使ってみると、

 

「なんか、勝手に画面が暗くなったり、明るくなったりするように!!」

 

なったのです。

 

実は、この現象は前からもありましたが「明るさの自動調節」という機能なんです。

周辺の明るさにあわせて、画面が明るくなったり、暗くなったり調節してくれる機能なのですが、僕にとってはこれはおせっかい機能でして、、、個人的にオフにしていました。

 

ところがアップデートすることで、この機能が勝手にオンになっていたようです。

 

で、早速「設定」を開いて、「画面表示と明るさ」の項目を見てみましたが、、、「明るさの自動調節」の項目がない!!!

 

場所が変わっているようです。。。

 

ということで、ちょっと調べてみました。

場所が変わっているようですが、項目はありました。

 

 

<iOS11で画面の自動調節機能をオフにする方法>

 

 

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」

 

 

「ディスプレイ調整」

 

「明るさの自動調節」

 

「明るさの自動調節」をオフに

 

これで、解決しますよ。

 

「明るさの自動調節」は、バッテリーの節約などに役立つ機能なのですが、画面の明るさがコロコロ変わって鬱陶しい場合もあります。

 

そんな時は、こちらから設定してみてくださいね!!

 

 

ということで、今回はココまで!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック